FC2ブログ

情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

本日の売買方針

カテゴリ:本日の売買方針 の記事一覧

2019年1月15日  <<お知らせ>>1/16(水)~1/18(金)までの情報更新について

<<お知らせ>>1/16(水)~1/18(金)までの会員様向け情報更新について

1/16(水)~1/18(金)までのマーケットショット・モーニングショット・イブニングショットはお休みいたします。
【短期売買方針 本日の参入レベル】は(株)ワカバヤシエフエックスアソシエイツ様にお願いしております。

よろしくお願い申し上げます。

小林 芳彦

2019年1月14日 「ポンド円は様子見。その他は買い目だが指値せず。」

1月14日




先週金曜日の概況

おはようございます。

先週金曜日は朝から108.50が重たい雰囲気で、108.27、108.25、108.23とアジアで安値更新!108.432
まで午後4時に上げた後も108.24、108.25と戻り売り圧力が強い展開でした。NY時間に入ってアジア安値
を割ったことで108.15まで売り込み安値を更新しましたが、1.1515割れから急激に下げたユーロドルの
影響でドル買いとなって108.60まで高値追いする動きとなりました。

午前1時半にかけて108.303bidまで売られる場面もありましたが、再び引けにかけて買い戻しが入り
108.55引け。ユーロドルは1.1540欧州高値から1.1515割れが一つの売りのきっかけでしたが、1.1484
前日安値を割り込んだ事で更に売られて1.1458までタッチ。1.1485まで戻した後再び1.1458まで
売られ1.1473引けとなっています。

本日は東京休場ですが、明日のブレグジット下院議会採決を前に神経質な動きが予想されます。否決が
ほぼ確実視されていますが、その後に交渉期間延長をEUに要請となるのか、解散総選挙になるのか
判りません。(内閣不信任決議提出)再度の国民投票はないだろうと考えています。

今日は108.65‐70から上の重たさと108.25‐15以下の底固さとが綱引き。東京市場はお休みですし、
しばらくアジアの値動きを待ってみます。今のなんとなくのイメージは押しがあったらちょっと買って
みようかな程度です。108.20‐10ゾーンを待ちたいですね。本日もよろしくお願いいたします。
ユーロドルは1.1425-20にかけて押し目買い。ユーロ円も124円台前半を押し目買いしてみて、123.85
割れで損切りするイメージですが、今日は市場が閑散としているため、指値は置かずに流れを見たいと
考えています。


ドル円 買い目指値せず。
ドル円は引きつけて108.100 、108.000で買いから。ストップは107.800に置きながら、
108.550 、108.650で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 108.000(108.100)--(108.550)108.650 作成時 108.198-201 11:35AM


ユーロドル 買い目指値せず。
ユーロドルは引きつけて1.14250 、1.14150で買いから。ストップは1.13950に置きながら、
1.14850 、1.14950で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 1.14150 (1.14250) -- (1.14850) 1.14950 作成時 1.14745-749 11:35AM


ユーロ円 買い目指値せず。
ユーロ円は引きつけて124.050 、123.950で買いから。ストップは123.750に置きながら、
124.450 、124.550で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 123.950(124.050)--(124.450)124.550 作成時 124.162-167 11:36AM


ポンド 様子見
ポンド円は本日は様子見します。
レンジ 138.300--139.700 作成時 139.066-076 11:36AM

対ドルは本日は様子見します。
レンジ 1.28100 -- 1.28850 作成時 1.28425-435 12:20PM


豪ドル 買い目指値せず。
豪ドル円は引きつけて77.750 、77.650で買いから。ストップは77.400に置きながら、
78.300 、78.400で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 77.650 (77.750) -- (78.300) 78.400 作成時 77.949-956 11:36AM

対ドルは0.71500、0.71400で買いから。0.71150にストップを置きながら、
0.72150、0.72250で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.71400(0.71500)--(0.72150)0.72250 作成時 0.71861-870 12:48PM


ニュージードル 買い目指値せず。
ニュージー円は引きつけて73.650 、73.550で買いから。ストップは73.300に置きながら、
74.100 、74.200で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 73.550(73.650)--(74.100)74.200 作成時 73.854-864 11:36AM

対ドルは0.67850、0.67750で買いから。0.67500にストップを置きながら、
0.68350、0.68450で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.67750(0.67850)--(0.68350)0.68450 作成時 0.68049-065 12:52PM


1月14日


ドル円 レンジ  108.000(108.100)--(108.550)108.650 作成時 108.198-201 11:35AM
ユーロドル レンジ  1.14150 (1.14250) -- (1.14850) 1.14950 作成時 1.14745-749 11:35AM
ユーロ円 レンジ  123.950(124.050)--(124.450)124.550 作成時 124.162-167 11:36AM
ポンド円 レンジ  138.300 -- 139.700  作成時 139.066-076 11:36AM
ポンドドル レンジ  1.28100 -- 1.28850 作成時 1.28425-435 12:20PM
豪ドル円 レンジ  77.650 (77.750) -- (78.300) 78.400 作成時  77.949-956 11:36AM
豪ドルドル レンジ  0.71400(0.71500)--(0.72150)0.72250 作成時 0.71861-870 12:48PM
ニュージー円 レンジ  73.550(73.650)--(74.100)74.200  作成時  73.854-864 11:36AM
ニュージードル レンジ 0.67750(0.67850)--(0.68350)0.68450 作成時 0.68049-065 12:52PM

-----------------------------------------------------------------------------------------------

2019年1月11日 「本日はドル円・ポンド円は売り。その他は買いから。」

1月11日



昨晩の概況

おはようございます。朝から相当(個人的に)被弾ぎみですが・・・・・

東京時間に107.77まで下げていたドル円は欧州時間から買い戻しが強まり午後7時過ぎに108.23まで
タッチ。一旦107.96台まで下げた後、NY朝に108.22まで買い上げ。107.92まで下げた後、NY株式が
堅調に推移し108.25を越えてストップ的な買いが入って108.30台へ。しばらく揉み合いでしたが、
02:52AM パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が「FRBは忍耐強く柔軟に注視し、待てる」「金利に
決められた軌道はない」と発言。FRBのバランスシートについては「緩やかながらも縮小していくこと
が望ましい」との認識を示し、108.44までドル買いに。
一旦は108.20レベルまで反落したものの、その後高値更新!108.52までタッチして108.43引けと
なっています。

108円台ミドル越えから108.70は重たそうで引きつけて戻り売りスタンスで。ただし107円台の買い
意欲も強いので108円台下値(108.10以下)は売る気は今はありません。ユーロドルは押し目買いで。
クロス円は明確なイメージが無く、市場の値動きを待ってから判断したいです。

本日もよろしくお願いいたします。


ドル円 売り
ドル円は引きつけて108.650 、108.750で売りから。ストップは109.000に置きながら、
107.850 、107.750で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 107.750(107.850)--(108.650)108.750 作成時 108.319-322 9:35AM


ユーロドル 買い
ユーロドルは引きつけて1.14700 、1.14600で買いから。ストップは1.14250に置きながら、
1.15350 、1.15450で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 1.14600(1.14700)--(1.15350)1.15450 作成時 1.15156-160 11:08AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は引きつけて124.400 、124.300で買いから。ストップは124.050に置きながら、
125.100 、125.200で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 124.300(124.400)--(125.100)125.200 作成時 124.790-795 11:08AM


ポンド 売り
ポンド円は引きつけて138.600 、138.700で売りから。ストップは138.900に置きながら、
137.800 、137.700で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 137.700(137.800)--(138.600)138.700 作成時 138.200-210 11:08AM

対ドルは1.27850、1.27950で売りから。1.28200にストップを置きながら、
1.27050、1.26950で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 1.26950(1.27050)--(1.27850)1.27950 作成時 1.27540-550 11:14AM


豪ドル 買い
豪ドル円は引きつけて77.600 、77.500で買いから。ストップは77.300に置きながら、
78.200 、78.300で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 77.500(77.600)--(78.200)78.300 作成時 77.918-925 11:09AM

対ドルは0.71650、0.71550で買いから。0.71300にストップを置きながら、
0.72100、0.72200で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.71550(0.71650)--(0.72100)0.72200 作成時 0.71901-910 11:15AM


ニュージードル 買い
ニュージー円は引きつけて73.300 、73.200で買いから。ストップは73.000に置きながら、
73.850 、73.950で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 73.200(73.300)--(73.850)73.950 作成時 73.592-602 11:09AM

対ドルは0.67500、0.67400で買いから。0.67200にストップを置きながら、
0.68100、0.68200で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.67400(0.67500)--(0.68100)0.68200 作成時 0.67903-919 11:15AM


1月11日

ドル円 レンジ  107.750(107.850)--(108.650)108.750 作成時 108.319-322  9:35AM
ユーロドル レンジ  1.14600(1.14700)--(1.15350)1.15450 作成時 1.15156-160 11:08AM
ユーロ円 レンジ  124.300(124.400)--(125.100)125.200 作成時 124.790-795 11:08AM
ポンド円 レンジ  137.700(137.800)--(138.600)138.700 作成時 138.200-210 11:08AM
ポンドドル レンジ  1.26950(1.27050)--(1.27850)1.27950 作成時 1.27540-550 11:14AM
豪ドル円 レンジ  77.500(77.600)--(78.200)78.300  作成時  77.918-925 11:09AM
豪ドルドル レンジ  0.71550(0.71650)--(0.72100)0.72200 作成時 0.71901-910 11:15AM
ニュージー円 レンジ  73.200(73.300)--(73.850)73.950  作成時  73.592-602 11:09AM
ニュージードル レンジ 0.67400(0.67500)--(0.68100)0.68200 作成時 0.67903-919 11:15AM
-----------------------------------------------------------------------------------------------

2019年1月10日 「 107.50が割れたら、また下値トライに動きそう。 」

【 ドル円 4時間足 】

20190110FC2DlrYen4Hours.jpg

「 107.50が割れたら、また下値トライに動きそう。 」

104.87から109.09まで吹きあがったドル円ですが、今は107.77まで下がってきました。
この動きのフィボナッチを計算してみると
+4.22の38.2%戻しは107.48で、ここが止まらなければ
50%戻し 106.98、
61.8%戻し 106.48がターゲットとなります。

4時間足で見た雲下限は 107.443で、38.2%戻し107.48ともほぼ合致します。
今晩一旦押しは107.70で買うつもりですが、107.480にストップを置いてあります。
107.400にストップを下げてもいいかもしれませんね。下げておきましょう。

2019年1月10日 「本日はユーロドル・ユーロ円は買いから。その他は戻り売りで。」

1月10日



昨晩の概況

おはようございます。

昨日は東京時間に109.01まで擦りましたが、上値追いは出来ず108.80‐95での膠着が長かったでした。
NYに入る前には既に108.90には届かなくなっており108.88を高値にじり安の動きに。
22:18 ボスティック米アトランタ連銀総裁の「12月の利上げで金利は中立水準に近づいた可能性」
「FRBは中立に非常に近づいた」「経済の進展がFRBの次の動きを決定付ける」で米利上げ観測の後退=
債券買い=金利低下となってドル売りへ。エバンズ米シカゴ連銀総裁も「市場の混乱や貿易摩擦により
下振れリスクが高まった」「インフレ圧力ははっきり見られない」と発言。ハト派寄りの発言に加えて
04:00 FOMC議事要旨が「多くのメンバーは追加利上げについて辛抱強くなれると判断」「金利は中立
水準かその下限に接近」「数人のメンバーは追加利上げの時期と規模がより明確ではなくなったと判断」
「数人のメンバーは金利据え置きを支持した」と出て107.97まで下落し108.15でNYは引けています。

午前2時前の戻りでも108.42レベルであり108.50がかなり重たくなった感があります。107円台ミドル
にかけては買い場探ししたいと思いますが、先に跳ねたら108.45‐50にかけて売ってみたいと思います。
ユーロドルは1.1500前半を1.1485ぐらいにストップを置いて押し目買い。クロス円はポンド円以外は
買い場探しする方向で。ポンド円は戻り売り方向のイメージです。

その後、オセアニア円は売りにイメージ変更しました。

先ほどからドル円が乱高下しています。短期のファンド勢の動きではないかと思いますが、売り下がる
つもりはないので売りはあくまでも戻りでイメージしたいです。
本日もよろしくお願いいたします。


ドル円 売り
ドル円は引きつけて108.450 、108.550で売りから。ストップは108.750に置きながら、
107.800 、107.700で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 107.700(107.800)--(108.450)108.550 作成時 108.152-155 9:15AM


ユーロドル 買い
ユーロドルは引きつけて1.15150 、1.15050で買いから。ストップは1.14900に置きながら、
1.15900 、1.16000で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 1.15050(1.15150)--(1.15900)1.16000 作成時 1.15535-539 11:01AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は引きつけて124.350 、124.250で買いから。ストップは124.050に置きながら、
125.000 、125.100で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 124.250(124.350)--(125.000)125.100 作成時 124.742-747 11:01AM


ポンド 売り
ポンド円は引きつけて138.400 、138.500で売りから。ストップは138.800に置きながら、
137.550 、137.450で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 137.450(137.550)--(138.400)138.500 作成時 138.049-059 11:01AM

対ドルは1.28250、1.28350で売りから。1.28550にストップを置きながら、
1.27600、1.27500で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 1.27500(1.27600)--(1.28250)1.28350 作成時 1.27788-798 11:38AM


豪ドル 売りに変更
豪ドル円は引きつけて77.700 、77.800で売りから。ストップは78.100に置きながら、
77.000 、76.900で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 76.900(77.000)--(77.700)77.800 作成時 77.323-330 11:01AM

対ドルは0.71850、0.71950で売りから。0.72200にストップを置きながら、
0.71250、0.71150で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ  0.71150(0.71250)--(0.71850)0.71950 作成時 0.71569-578 11:38AM


ニュージードル 売りに変更
ニュージー円は引きつけて73.400 、73.500で売りから。ストップは73.700に置きながら、
72.850 、72.750で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 72.750(72.850)--(73.400)73.500 作成時 73.177-187 11:01AM

対ドルは0.67950、0.68050で売りから。0.68300にストップを置きながら
0.67450、0.67350で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.67350(0.67450)--(0.67950)0.68050 作成時 0.67708-724 11:38AM


1月10日

ドル円 レンジ  107.700(107.800)--(108.450)108.550 作成時 108.152-155  9:15AM
ユーロドル レンジ  1.15050(1.15150)--(1.15900)1.16000 作成時 1.15535-539 11:01AM
ユーロ円 レンジ  124.250(124.350)--(125.000)125.100 作成時 124.742-747 11:01AM
ポンド円 レンジ  137.450(137.550)--(138.400)138.500 作成時 138.049-059 11:01AM
ポンドドル レンジ  1.27500(1.27600)--(1.28250)1.28350 作成時 1.27788-798 11:38AM
豪ドル円 レンジ  76.900(77.000)--(77.700)77.800  作成時  77.323-330 11:01AM
豪ドルドル レンジ  0.71150(0.71250)--(0.71850)0.71950 作成時 0.71569-578 11:38AM
ニュージー円 レンジ  72.750(72.850)--(73.400)73.500  作成時  73.177-187 11:01AM
ニュージードル レンジ 0.67350(0.67450)--(0.67950)0.68050 作成時 0.67708-724 11:38AM

-----------------------------------------------------------------------------------------------

※ 対円通貨ペアは1pip=1 銭、対円以外の通貨ペアは1pip=0.0001 で表示しています。 ※ 表示スプレッドの適用は、AM9:00 から翌日AM2:00 となります。適用時間のうち、流動性の低い時間帯や経済指標発表時等の例外的な事象、さらに天変地異等の突発的な事象によっては、スプレッドが広がり、約定結果が上記スプレッドと合致しない場合もあります。※ 掲載日 2018年11月1日。

■関東財務局長(金商)第238号/(社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

〒104-0041 東京都中央区新富1丁目12番7号

TEL:03-5541-6401 FAX:03-5541-6402

■本情報コンテンツは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本情報コンテンツの意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2015 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.