FC2ブログ

情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

第1位
現役FXトレーダー551名に聞き取り調査(調査元:投資の教科書

本日の売買方針

カテゴリ:本日の売買方針 の記事一覧

2019年9月13日 「 ショートはかなり切れて、今残っているショートもコストはそんなに悪くないだろう。」

【 ドル円 日足 】

20190913ドル円日足FC2

「 ショートはかなり切れて、今残っているショートもコストはそんなに悪くないだろう。」

108.50を突破すればストップがある可能性が高いですが、108円台ミドル越えから
109円にかけては(すでに自分の今週レンジ想定を上に抜けていますが)
重たいだろうと思います。損切りは一段落したようなイメージがあります。

107.811 90日線、ならびに日足雲上限 107.596はサポートだと考えられ
107.800-107.600の押しは一回は買えるようなイメージ。
本日朝方は107.800で指し値しましたが、107.904止まりで反発しており今日の
アジアではうまく拾えませんでした。
今晩の指し値は107.680と深く入れて、昨日の安値107.520が割れたら損切りするように
107.480でストップを入れておきたいと思います。

米10年債(長期債)金利の上昇、価格の低下も1.67%から1.81%まで一気に噴き上がって
損切りも一段落、これ以上の急激な金利上昇は厳しいと考えており、長期金利が
1.7%台で落ち着くようになればドル円の上昇も一段落して106.50-108.50ぐらいで
揉み合いに移行するのではないかとイメージしました。

今週はこんなに一本調子でドル円が上がるとは考えておらず流れに乗れずに精神的に
苦労いたしました。
来週は週初お休みをいただきリフレッシュしてきます。

皆様もよい週末(ロングウィークエンド)をお過ごしくださいませ。

2019年9月13日 「ユーロドルは売り。その他は買いから。」

9月13日



昨晩の概況

おはようございます。

昨晩はストップで付けた東京の高値108.17から、実需のドル売りで午後には上値が重たくなってドル円は
じわじわと売られる結果に。ECBまでは107.82安値でまだ止まっていましたが、ユーロドルの急落が
ユーロ円を急激に押し下げてドル円も107.52まで下落。ただし9月11日の安値である107.50が割れな
かったことで107.80台まで反発。

戻り売りに押されて107.66近辺まで下げる場面がありましたが、その後「トランプ米政権は中国との貿易
交渉で暫定的な合意を検討している」との報道があり、一気に108.09までショートカバー。内容は
「米政権は中国が知的財産権の保護や米農産物の購入を受け入れることを条件に、対中制裁関税の延期
や税率引き下げを検討する」というもの。しかしCNBCが米政府高官の話として「米政権は中国との暫定
合意を全く(absolutely)検討していない」と完全否定。一気に107.67まで売られましたが、下値が固く
崩しきれない展開に。

1.72%台で止まっていた米10年債利回りは午後9時47分ぐらいに1.67%まで急落しこれがドル売りの材料
にもなっていましたが、その後1.7976%と金利が急上昇。10年債の利回りとしては信じられない上昇
です!米中貿易協議の進展期待を背景にそれまでリスクオフ時に安全資産である米国債を買い過ぎて
いた反動で、損切り売りに拍車がかかり利回り急上昇に繋がったものと考えます。NYダウも堅調に
推移したことからドル円は108.19と東京高値を2銭越して日通し高値をタッチし、引けは108.10でした。

ユーロドルは乱高下。予想された0.1%中銀金利引き下げで出た瞬間は1.1020レベルから1.1069まで一旦
Buy on the factで跳ねたあと、フォワードガイダンスの変更、さらに量的緩和(QE)の再開を材料にすぐに
売り込まれて1.0927まで下落。ドラギECB総裁は会見で「著しい下振れリスクの持続を見込んでいる」と
述べ、かつユーロ圏のインフレ率・成長率見通しが下方修正されたことで更にユーロ売りに繋がった側面
があったと考えます。ユーロ円も出た瞬間119.33を擦ったものの、その後117.55まで急落し、ドル円を
押し下げる原動力となりました。

しかし9月3日の安値1.0926を強く意識し1.0927で下げ止まった動きから一斉にショートの利食いが入り
1.0970まで持ち上がり、その後は戻り売りを吸収して1.1000越えからは激しく損切りを巻き込んで1.1070
まで吹き上がる暴れっぷり。1.1030割れまで瞬間下げても、ショートで捕まっている短期勢の買い戻しで
1.1087まで上値追いする結構怪我人が出た相場となりました。ユーロ円も117.55安値から119.50タッチ。
下げて118.94やってそれからなんと119.83高値更新と正直言って訳わかんない動きで相当短期勢が
ショートポジションを切らされた動きでした。

今朝方、トランプ大統領が珍しく本音で06:58トランプ米大統領「中国との完全な合意を望む。暫定も検討
する」とツイート。再選をにらんで支持率が低下している現状を打開したい本音が出ましたが、市場は5銭
ぐらいの反応しかしませんでした。米中貿易協議の進展、ならびに米長期金利の回復がリスクオン、円買い
の巻き戻しとなってドル円、クロス円ともに堅調で107.50は強いサポートとなりました。今日の90日線
107.813、日足雲上限107.596は底固いと思われ107.70以下107.50にかけて買い場探しで。108.20は
ストップもあれば売りもある水準でしょう。日本勢はロングウィークエンドとなるので108円台はしっかり
利食いしたいイメージです。

ユーロドルは1.1100手前は引き付けて戻り売りで。ただし1.1000以下、下髭長く今日はそんなに下値を
攻められる雰囲気でもないので1.1025以下は利食い千人力で。ユーロ円は119.20-15以下押し目買い先行で。
ポンド円は132.90‐80押し目買いで。オセアニア円は73.85以下、69.90以下で押し目買い。

トランプ大統領が暫定的な合意をしたがっているのであって、中国では無いんでしょうね。やはり時間が
ある中国と来年11月の選挙で再選を狙うトランプ大統領では時間的余裕が全く違うと思います。しっかりと
ロングを取る場合でもストップは置きながらしっかりと利食いを入れつつロング回転を行うイメージです。

よろしくお願いいたします。


ドル円 買い
ドル円は引きつけて107.850 、107.750で買いから。ストップは107.500に置きながら、
108.350 、108.450で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 107.750(107.850)--(108.350)108.450 作成時 108.203-206 10:49AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは引きつけて1.10750 、1.10850で売りから。ストップは1.11100に置きながら、
1.10300 、1.10200で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 1.10200(1.10300)--(1.10750)1.10850 作成時 1.10644-648 10:49AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は引きつけて119.450 、119.350で買いから。ストップは119.150に置きながら、
120.050 、120.150で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 119.350(119.450)--(120.050)120.150 作成時 119.734-739 10:49AM


ポンド 買い
ポンド円は引きつけて133.100 、133.000で買いから。ストップは132.800に置きながら、
133.700 、133.800で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 133.000(133.100)--(133.700)133.800 作成時 133.407-417 10:50AM

対ドルは1.22950、1.22850で買いから。1.22650にストップを置きながら、
1.23750、1.23850で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 1.22850(1.22950)--(1.23750)1.23850 作成時 1.23316-324 10:51AM


豪ドル 買い
豪ドル円は引きつけて74.000 、73.900で買いから。ストップは73.700に置きながら、
74.600 、74.700で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 73.900(74.000)--(74.600)74.700 作成時 74.357-364 10:50AM

対ドルは0.68450、0.68350で買いから。0.68150にストップを置きながら、
0.69000、0.69100で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.68350(0.68450)--(0.69000)0.69100 作成時 0.68708-716 10:51AM


ニュージードル 買い
ニュージー円は引きつけて69.000 、68.900で買いから。ストップは68.700に置きながら、
69.800 、69.900で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 68.900(69.000)--(69.800)69.900 作成時 69.328-338 10:50AM

対ドルは0.63750、0.63650で買いから。0.63450にストップを置きながら、
0.64450、0.64550で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.63650(0.63750)--(0.64450)0.64550 作成時 0.64050-066 10:51AM


9月13日


ドル円 レンジ  107.750(107.850)--(108.350)108.450 作成時 108.203-206 10:49AM
ユーロドル レンジ  1.10200(1.10300)--(1.10750)1.10850 作成時 1.10644-648 10:49AM
ユーロ円 レンジ  119.350(119.450)--(120.050)120.150 作成時 119.734-739 10:49AM
ポンド円 レンジ  133.000(133.100)--(133.700)133.800 作成時 133.407-417 10:50AM
ポンドドル レンジ  1.22850(1.22950)--(1.23750)1.23850 作成時 1.23316-324 10:51AM
豪ドル円 レンジ  73.900(74.000)--(74.600)74.700  作成時  74.357-364 10:50AM
豪ドルドル レンジ  0.68350(0.68450)--(0.69000)0.69100 作成時 0.68708-716 10:51AM
ニュージー円 レンジ  68.900(69.000)--(69.800)69.900  作成時  69.328-338 10:50AM
ニュージードル レンジ 0.63650(0.63750)--(0.64450)0.64550 作成時 0.64050-066 10:51AM
--------------------------------------------------------------------------------------------

2019年9月12日 「 素直になれなくて・・・・・。」

【 ドル円 日足 】

20190912ドル円日足FC2

「 素直になれなくて・・・・・。」

106.68-78の上値抵抗線を抜いて107.23まで上がったのが9月5日。
翌9月6日には一旦106.63まで下がってやはり107円台は非常に重たいという
印象を受けて、自分の相場観がドル円売りで固まってしまった。

その後引きつけて戻り売りするイメージで、結果として9月9日の朝作った
ドル円の相場観は107.50手前で引きつけて売り。
高値は107.27までで、売りは成立しなかったが、下がった106円台で押目買い
するチャンスがあっても買いで参入する相場観がないので、完全に見送り。

日足の雲を下から突き抜け、90日移動平均線を下から突き破って108.158まで
今日上がったわけですが、日足のチャートを先入観なく見たらやはり、
107.50超えたら素直にドル買いに付いて行くチャートになっていると言わざるを
得ず、チャートに素直な人は儲かったんだろうなぁという悔しい感想です。

ここ二日ぐらい、「日足の雲は重たそうで・・・」「90日線は重たそうで・・・」と
買いから参入するイメージをやっと作っても追いかけて買えず、高値圏でロングで
捕まるのが怖いから深めの押目買いを指して全くヒットせず、結局この上昇に
完全に乗り遅れています。

今から買ったら高値圏で捕まってしまうのか?疑心暗鬼でなかなか手が出にくい
状態ですが、107.70ぐらいの押目でストップ107.40に置いて指し値買いしてみようと
思っています。

では、Have a nice evening !

2019年9月12日 「ユーロドルは売り。その他は買いから。」

9月12日



昨晩の概況



昨日は東京時間に107.85高値を付けた後、NYで反落した107.63が安値で再び米国株堅調を背景にNY引け
にかけてジリ高となって引け際に107.86高値を付けて107.85でクローズ。今朝は108.00から上にあった
ストップを引っかけて108.034をやって、一旦は107.965まで反落後、108.047まで上昇しましたが、
今は107.97レベルでの揉み合いとなっています。

ドルが堅調なのは、米中貿易協議が進展するのではないかとの思惑でドルが買われた動きと、本日の
ECB理事会を前に金融緩和観測を背景にユーロが売られた動きがあると思われます。イメージ的には
108円台をどんどん買い上がるイメージは週初は持っておらず、引き付けて戻り売り方針でしたが、週間
安値も今のところ9月9日の106.76でそのままジリ高に推移して一昨日は107.18、昨日は107.50と
下値を切り上げており、ロングポジションは上手く回転しているものの、ショートが捕まっている可能性
もありレベル感のドル売りは控えたいイメージ。

このところの米中の動きはなんとか落とし所を見つけたい動きに見えて少なくとも貿易摩擦激化じゃなく、
互いの報復も先延ばししたい気持ちが見え見え。(特に米国側)
中国からの農産物購入の話もファーウェイへの規制解除が条件になっているので、これにどう米国が対応
するのか良くは判らないですが、米中双方にとって振り上げた拳を納めるタイミングを計っているのかも
しれないのでショート目線は止めておきます。

買うには107.90台は高いのでせめて107.80以下まで様子を見たいです。90日線107.831、日足雲上限
107.709がサポートになっている可能性もあります。ユーロドルは1.1050が重たく戻り売りイメージ
ですが、今晩のECBを前に海外勢が結構ショートを昨晩振ってるイメージがあるため、安易なショートを
振らずに引き付けて戻り売りイメージ。ユーロ円も118円台ミドル割れを買い場探しする程度。追いかけ
買いはしないようにします。

ポンド円は確かに流れは買いなのですが、買うにしても押しの132.85-80を待ちたいイメージです。
オセアニア円も米中貿易協議進展を材料にチャート的にも買いですが、あまり手を出したくない水準で
深い押し目買いならまだしも、現状レートでは様子見です。

あとで考えたらドル円が108円近辺を天井に反落したと判るかも知れず、ドルブルに固執しないように
したいと考えていますがオペレーションは少なくとも売り上がる方向ではないと思うので、一応ロング
ではありますが、慎重にロング回転で早回しする予定です。

本日もよろしくお願いいたします。


ドル円 買い
ドル円は引きつけて107.800 、107.700で買いから。ストップは107.400に置きながら、
108.100 、108.200で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 107.700(107.800)--(108.100)108.200 作成時 108.054-057 10:51AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは引きつけて1.10450 、1.10550で売りから。ストップは1.10700に置きながら、
1.09900 、1.09800で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 1.09800(1.09900)--(1.10450)1.10550 作成時 1.10134-138 10:51AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は引きつけて118.550 、118.450で買いから。ストップは118.300に置きながら、
119.100 、119.200で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 118.450(118.550)--(119.100)119.200 作成時 119.015-020 10:52AM


ポンド 買い
ポンド円は引きつけて132.850 、132.750で買いから。ストップは132.500に置きながら、
133.350 、133.450で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 132.750(132.850)--(133.350)133.450 作成時 133.273-283 10:52AM

対ドルは1.22900、1.22800で買いから。1.22600にストップを置きながら、
1.23700、1.23800で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 1.22800(1.22900)--(1.23700)1.23800 作成時 1.23310-318 10:53AM


豪ドル 買い
豪ドル円は引きつけて73.800 、73.700で買いから。ストップは73.500に置きながら、
74.350 、74.450で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 73.700(73.800)--(74.350)74.450 作成時 74.259-266 10:52AM

対ドルは0.68450、0.68350で買いから。0.68100にストップを置きながら、
0.68850、0.68950で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.68350(0.68450)--(0.68850)0.68950 作成時 0.68727-735 10:54AM


ニュージードル 買い
ニュージー円は引きつけて69.100 、69.000で買いから。ストップは68.800に置きながら、
69.550 、69.650で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 69.000(69.100)--(69.550)69.650 作成時 69.442-452 10:52AM

対ドルは0.63800、0.63700で買いから。0.63500にストップを置きながら、
0.64550、0.64650で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.63700(0.63800)--(0.64550)0.64650 作成時 0.64261-277 10:54AM


9月12日


ドル円 レンジ  107.700(107.800)--(108.100)108.200 作成時 108.054-057 10:51AM
ユーロドル レンジ  1.09800(1.09900)--(1.10450)1.10550 作成時 1.10134-138 10:51AM
ユーロ円 レンジ  118.450(118.550)--(119.100)119.200 作成時 119.015-020 10:52AM
ポンド円 レンジ  132.750(132.850)--(133.350)133.450 作成時 133.273-283 10:52AM
ポンドドル レンジ  1.22800(1.22900)--(1.23700)1.23800 作成時 1.23310-318 10:53AM
豪ドル円 レンジ  73.700(73.800)--(74.350)74.450  作成時  74.259-266 10:52AM
豪ドルドル レンジ  0.68350(0.68450)--(0.68850)0.68950 作成時 0.68727-735 10:54AM
ニュージー円 レンジ  69.000(69.100)--(69.550)69.650  作成時  69.442-452 10:52AM
ニュージードル レンジ 0.63700(0.63800)--(0.64550)0.64650 作成時 0.64261-277 10:54AM

--------------------------------------------------------------------------------------------

2019年9月11日 「 日足の雲を抜けたが、90日移動平均線107.850で上昇がぴたりと止まった! 」

【 ドル円 日足 】

20190911ドル円日足FC2

「 日足の雲を抜けたが、90日移動平均線107.850で上昇がぴたりと止まった! 」

朝方から下値は堅調で、日足雲上限である107.709を昼過ぎに抜いて更に上昇。
その後、中国のニュース 「中国、米製品の関税適用除外リスト第1弾を公表へ」が出て
米中貿易協議進展期待からドルの買い戻しとなって107.846まで14:31に上がったわけ
ですが本邦実需のドル売りががっちり買いを食い止めた格好でした。

今の107.660が107.846タッチの後の安値ですが、日足の雲下限、107.408にかけて
下値はかなり固そうなイメージに見えています。

追いかけて高値買いは避けたいですが、雲下限にかけて今晩は指し値買いして
みようかというイメージです。

※ 対円通貨ペアは1pip=1 銭、対円以外の通貨ペアは1pip=0.0001 で表示しています。 ※ 表示スプレッドの適用は、AM9:00 から翌日AM2:00 となります。適用時間のうち、流動性の低い時間帯や経済指標発表時等の例外的な事象、さらに天変地異等の突発的な事象によっては、スプレッドが広がり、約定結果が上記スプレッドと合致しない場合もあります。※ 掲載日 2019年6月3日。

■関東財務局長(金商)第238号/(社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

〒104-0041 東京都中央区新富1丁目12番7号

TEL:03-5541-6401 FAX:03-5541-6402

■本情報コンテンツは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本情報コンテンツの意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2015 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.